症例 

症例 < HOME
不妊治療 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪

多嚢胞性卵巣 変性卵 卵子の質 高血糖 FSH高値

35歳 鍼灸開始2ヶ月半後に妊娠 ご結婚8年

(初診時の状況)
 ご結婚されてからの期間 8年
 避妊していなかった期間 6年 
 人工授精 4回
 体外受精(採卵のみ)3回
 
 生理周期 不規則
 薬を飲まないと生理が来ない
 多嚢胞性卵巣のため 腹腔鏡下卵巣焼灼術を昨年受けた
 
 男性ホルモン高値
 血糖値高値
 FSH高値

 採卵を3回実施した。採卵はできているが、変性卵が多く、分割しても途中で止まってしまう。
 そのため1つも胚盤胞になったことがなく、凍結も移殖もできていない。
 排卵誘発によってOHSSになったこともある。
 腹腔鏡下卵巣焼灼術を受けた後も、ホルモンの値が振るわず、採卵中止になった。
  
 採卵中止になってリセット中に来院。

 鍼灸開始

  全体に緊張状態が強く、臀部・下肢はとても硬い。柔軟性がない。
  腹部~大腿中央に熱がこもり、その他は極端に冷えている。
  鍼灸治療中にも下半身の温度がコロコロ変わる。
  頭部や上半身に多量の発汗がみられる。
  血糖値が高いことから、鍼灸治療と同時に食事指導も開始する。
 
  ↓

 鍼灸開始約1ヶ月
 
  来週期の採卵に備えてピルで整える。
  まだ部分的な冷えは強いものの、流れがよくなっている。
  足先の冷えは温まるまでに時間を要するが、一度温まると戻らずに保てるようになる。
  毎日欠かさず食べていたお菓子をやめるなど、食生活の改善がみられる。
  
  ↓

 鍼灸開始約2ヶ月 鍼灸開始後初めての採卵

  部分的な冷えはあるが、温まるまでにかかる時間がとても短くなる。
  採卵 1個 ⇒ 初めて胚盤胞になった

  新鮮胚移植 BB アシストハッチングあり 初めて移植できた
  ⇒ 判定 陽性
不妊治療 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪

内膜 体外受精反復不成功 40歳以上

鍼灸により内膜が厚くなり妊娠に至った例

43歳 7度目の移植 鍼灸開始から2ヶ月で妊娠

(初診時の状況)
 
 第二子に向けた治療を1年3ヶ月前から開始
 採卵 4回
 体外受精 6回
 
 高プロラクチン血症
 子宮筋腫の疑い
 卵管狭窄

 ホルモン周期を中心に治療をおこなっている。
 自然周期では周期が整わなかったり、内膜が薄かったりする。

鍼灸初診時 
 腹部・大腿部に熱がこもり、下肢の冷えが強い


鍼灸開始約1ヶ月
 自然周期 タイミング療法のみ(-)
 熱のこもりが緩和され、冷えがやや弱まる
  ↓

鍼灸開始約2ヶ月
 からだの巡りがよくなり、温かくなる
 移植周期(ホルモン)
 CD12 内膜7㎜台
 CD16 内膜7㎜台

 次回受診時に7㎜台なら移植は見送りになるといわれる
 少しでも内膜が厚くなるよう最善の鍼灸治療を行う

 CD19 内膜9㎜程度になり移植決定
 ホルモンの値も良好
 
 凍結 胚盤胞(BB)を移植
 
 判定(+)
 

移植周期前半の診察では内膜が薄く、このままでは移植は見送りと医師に言われていましたが、
その後内膜が9mmになり、ホルモンの値も良好のため、無事移植を受けられました。


当院初診時に、見た目もお若いし、年齢の割には受精卵のグレードもいいのに妊娠に至らなかったのであともう一歩だったと思います。
お身体の改善とともに、赤ちゃんを迎えられるお身体になりました。
元気にお生まれになるよう祈っております。

不妊治療 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪

多嚢胞性卵巣 子宮内膜症 卵子の質

体の改善とともに卵子の質も改善され妊娠に至った例

32歳 鍼灸開始から9ヶ月で妊娠

(初診時の状況)
 避妊していなかった期間 3年 
 タイミング療法 2年以上
 人工授精 2回
 体外受精 2回

 不妊要因 男性因子、多嚢胞性卵巣の疑い、子宮内膜症の疑い
 
 採卵しても、受精しない・未成熟・分割が止まる
 8個採卵→受精1個のみ→分割停止、など
 2回目の体外受精の後、治療をお休みしている期間に来院

 上半身・下半身ともに冷えている
 表面はそれほど冷たくないが、内臓が冷えている
 暑がりで薄着
 基礎体温が全体的に低い
 

鍼灸開始約1ヶ月
 鍼灸を受けた後数日は基礎体温が高くなる
 
  ↓

鍼灸開始約2ヶ月
 下肢の冷えが改善される


鍼灸開始約3ヶ月
 採卵
 8個のうち4個が受精
 分割停止


 鍼灸治療時に体が温まるのが速くなるがまだ全体的には改善できる状態
 
  ↓


鍼灸開始約3ヶ月
 
 食事指導開始
 体の芯の冷えが改善される
  
  ↓


鍼灸開始約4ヶ月~7ヶ月
 卵巣を休めるようクリニックから指示

その間、鍼灸と並行して食事指導を行い、減量に成功
 体の巡りも良くなる
 
  ↓


鍼灸開始約8ヶ月
 タイミング療法
 体の自ら温まろうとする力がついてくる
 
  ↓

鍼灸開始約9ヶ月
 採卵
 3個のうち1個受精 → 卵のグレードが良く、分割が進み胚盤胞になる
 
 移植
 新鮮胚 胚盤胞 AA 

  ↓
 
妊娠判定 陽性


年齢的にはまだまだ可能性があるはずなのに、卵の質が思わしくなく、行き詰っておられました。
卵の質を良くすることが一番の課題でした。仕事が忙しくなる時期だったこともあり、
4ヶ月間卵巣を休めることになり、その間は鍼灸と食事指導による体質改善を図りました。
体質改善後の採卵ではAAの卵が取れ、無事に妊娠されました。素直に意見を聞き入れて下さりご自身も大変努力されました。
子宮内膜症 受精しない


44歳 鍼灸治療開始約1年10ケ月で妊娠

(初診時の状況)
 避妊をしていなかった期間 5年(間が抜けている)
 当院の鍼灸を開始するまでの病院の通院期間      9ヶ月
 人工授精 2回
 採卵1回 受精せず
子宮内膜症
 
 
 腹部・大腿部に熱がこもり下肢の血流が悪く滞っている
 頚肩部の緊張が強い   


 鍼灸開始約1ヶ月
 採卵
 体外受精 新鮮胚 胚盤胞移植 
 判定(-)

    ↓

 鍼灸開始約2ヶ月
 基礎体温不安定 黄体ホルモン補充しないと高温期上がらない

 採卵 受精せず

    ↓

 鍼灸開始約3ヶ月
 遺残卵胞があるためピルにてリセット

    ↓

 思うようにいかず、やる気がでず、ご自身で鍼灸の間隔を決めるためお身体の改善がなかなか進まず
 お身体も元に戻りがち
    ↓

 鍼灸開始6ヶ月頃
 なかなか思うようにいかず、助言も受け入れられない
 基礎体温も安定せず

    ↓
 
 鍼灸開始7ヶ月頃
 気持ちも落ち着き、鍼灸も真面目に来院するようになる
    ↓

 鍼灸開始約9ヶ月
 生理量が増加

    ↓

 鍼灸開始約10ケ月
 クロミッドで刺激するも卵胞育たず採卵見送り
 ピルでリセット

    ↓

 鍼灸開始約12ヶ月
 採卵 2個中2個受精

    ↓

 鍼灸開始約14ヶ月
 採卵 3個中2個受精するも分割止まる

    ↓

 鍼灸開始約15ヶ月
 採卵 2個中1個 胚盤胞
 新鮮胚移植

    ↓

 鍼灸開始約16ヶ月
内膜10ミリ以上
 採卵 分割するもグレードが付かず移植延期

    ↓

 鍼灸開始約17ヶ月
 採卵するも受精せず

    ↓

 鍼灸開始約18ヶ月
 採卵 2個取れるも胚盤胞にならず延期

    ↓

 鍼灸開始約19ヶ月
 採卵 1個 初期胚凍結

    ↓

 鍼灸開始約20ヶ月
 遺残卵胞あり移植延期

    ↓

 鍼灸開始約21ヶ月
 生理量増加
 移植周期の為投薬開始

    ↓

 鍼灸開始約22ヶ月
 CD14で内膜9ミリ以上
 初期胚移植
 妊娠
不妊治療 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪



内膜症 卵巣嚢腫  甲状腺疾患(橋本病)



40歳 鍼灸開始後8か月で妊娠


 (初診時の状況)

 卵巣嚢種、子宮内膜症
 避妊していなかった期間 約2年
 病院の通院期間 2年
 生理痛がひどく足のむくみが顕著、全身の不調あり、
 生理痛の痛み止め薬が効かない
 人工授精 3回
 採卵 2回
 移植 3回
 
 ↓

 鍼灸開始6か月後
 生理痛の緩和、足のむくみも緩和

 ↓

 鍼灸開始8か月後
 病院を転院
 採卵 胚盤胞AAで移植、妊娠

▲ ページトップ