症例 

症例 < HOME
不妊治療 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪



内膜症 卵巣嚢腫  甲状腺疾患(橋本病)



40歳 鍼灸開始後8か月で妊娠


 (初診時の状況)

 卵巣嚢種、子宮内膜症
 避妊していなかった期間 約2年
 病院の通院期間 2年
 生理痛がひどく足のむくみが顕著、全身の不調あり、
 生理痛の痛み止め薬が効かない
 人工授精 3回
 採卵 2回
 移植 3回
 
 ↓

 鍼灸開始6か月後
 生理痛の緩和、足のむくみも緩和

 ↓

 鍼灸開始8か月後
 病院を転院
 採卵 胚盤胞AAで移植、妊娠
不妊症 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪


40歳以上 卵子の質 分割停止 多精子受精 甲状腺疾患


43歳 鍼灸開始1年5ヶ月後に妊娠 時間をかけて卵の質が良くなり妊娠

(初診時の状況)
 ご結婚されてからの期間 12年
 避妊していなかった期間 6年6ヶ月
 
タイミング療法 数年
人工授精 2回
体外受精 3回

採卵を3回実施したが、変性卵や空砲が多く残せない。
これまで1個だけ初期胚になり移植できたが、結果は陰性だった。

橋本病のためチラージンを服用

生理前に頭痛や吐き気、イライラするなどの症状がある
月経の量が少なくなっている

鍼灸開始
 腹部から足先にかけて全体的に冷えが強い
 鍼灸施術後も冷えが残っている
  ↓

 鍼灸開始1ヶ月
 温めると発汗して体が冷えようとする
 施術後も毎回冷えが残る


 鍼灸開始2ヶ月
 少し巡りがよくなってくる
 施術後に冷えの残らない日がある
 低刺激で2個採卵 1個が正常受精したものの分割が止まってしまった
  ↓

 鍼灸開始3ヶ月
 採卵4回の結果を受けて医師から難しいと言われる
 腹部・臀部・大腿の冷えが未だ強い


 鍼灸開始4~7ヶ月
 月経量が増えた
 ホルモンの値がよくないため採卵中止になったり、採卵日に排卵してしまっていたり、採卵できても多精子受精してしまったりして凍結できない
  ↓

 鍼灸開始8ヶ月
 採卵 ⇒ 受精率はこれまでで一番良い ⇒ 初期胚1個凍結
 途中で止まってしまった受精卵も胚盤胞の一歩手前まで行ったものもあった
  ↓

 鍼灸開始9~10ヶ月
 自然周期での初期胚移植G3 ⇒ 陰性
 医師から以前のように難しい状況とは言われなくなった
 
  ↓

 鍼灸開始11~12ヶ月
 お休み


 鍼灸開始13ヶ月
 2個採卵
 医師からはグレードは良好と言われたが受精せず
  ↓

 鍼灸開始14~15ヶ月
 旅行等のためタイミング療法のみ


 鍼灸開始16ヶ月
 採卵 変性も空砲もなかった
6個採卵中5個受精 ⇒ 5個 初期胚で凍結
うち4個はグレード1で良好


鍼灸開始17ヶ月
自然周期で初期胚移植 融解後もグレード1 ⇒ 妊娠 陽性
不妊治療 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪



40代 卵子の質 異常受精 変性卵 AMH低値



41歳 鍼灸開始1年6ヶ月後に妊娠 12kg減量

(初診時の状況)
 ご結婚されてからの期間 4年7ヶ月
 人工授精 6回
 体外受精(採卵まで)2回

 第一子3歳
 流産1回

・採卵を2回実施したが、いずれも変性卵や異常受精が多い
・受精しても分割が途中で止まってしまう。これまでに移殖できたのは初期胚1個
・ホルモンの値が悪く採卵が中止になることもある
・基礎体温が全体的に高い
・内膜が厚い時と薄い時があり、差が激しい

鍼灸開始
 下半身のほぼ全体が冷えている
 脈にも体の表面にも力がない

  ↓

 鍼灸開始約1ヶ月
 食事指導開始
 経血量変化なし
 冷えは以前強いが、膝から下は施術後温まるようになる



 鍼灸開始約2ヶ月
 第一子出産以来3時間起きに目が覚めるようになっていたが、続けて眠れるようになっている
 月経量が微増
 少し巡りがよくなっているが、日によって悪いこともある

  ↓

 鍼灸開始約3ヶ月
 生理周期が整ってきている
 自然周期で採卵したが変性卵だった
 
  ↓

 鍼灸開始約4~5ヶ月
 自然周期で採卵 受精したが分割が止まった
 鍼灸施術後は体がしっかり温まるようになる



 鍼灸開始約6ヶ月
 遺残卵胞のため採卵見送り
 巡りはかなりよくなってきているが、まだ部分的な冷えは残る
 鍼灸と同時に食生活の改善を図り、見た目に若々しくなっている
減量にも成功

  ↓

 鍼灸開始約7~8ヶ月
 遺残卵胞が消えたことを確認
 1周期ピル服用し整える
 この頃からお体の状態が安定して温かくなっている



 鍼灸開始約9ヶ月
 ショート法で採卵 7個中4個受精し、初期胚で3個凍結できた
 部分的な冷えもない日がでてきている
 
  ↓

 鍼灸開始約10ヶ月
 自然周期で移植予定だったが、通院できない日があり、排卵日が特定できなかったため、移植中止



 鍼灸開始約11ヶ月
 プライベートのストレスで甘いものをたくさん食べてしまう日がある
 移植前日に発熱するも当日解熱
 
ホルモン周期にて移植 初期胚移植 G2 アシストハッチングあり
 ⇒陰性
  ↓

 鍼灸開始約12~13ヶ月
 お休み周期
 薬の服用なしでも自力でしっかりと高温期の体温を維持できている

 凍結卵があるが、採卵を希望

  ↓

 鍼灸開始約14ヶ月
 ロング法にて採卵
 3日目や4日目に分割が止まったものも多かったが、
初めて胚盤胞で凍結できた 4AAと4BB
 


 鍼灸開始約15~16ヶ月
 連休と移植時期が重なるため、移植せずお休み
 排卵がいつもより遅かったが、この周期もお薬なしで排卵し、高温期を14日間保てている 

移植周期に入る

  ↓

 鍼灸開始約17ヶ月
 2段階移植 胚盤胞は4AA アシストハッチングあり
 ホルモン周期
内膜 8~9mm
 ⇒陰性 着床はしたが、維持はできない値であるとの診断



 鍼灸開始約18ヶ月
 自然周期移植 胚盤胞 4BB アシストハッチングあり
 内膜10mm以上
 ⇒陽性
不妊症 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 南大阪

40代 卵子の質 体外受精反復不成功


42歳
避妊していなかった期間(妊娠を希望していたができなかった期間)5年2か月
採卵回数 9回
移植 6回

(初診時の状況)
胚のグレードがあまりよくなく、採卵数も1回につき1~2個と厳しい状況
週1回の鍼灸治療

鍼灸開始から6か月
月経量がとても増えてきた

鍼灸開始から9か月
卵巣機能が低下して厳しい状況といわれてきたが、卵子育つ数が少しだが増えてきた

鍼灸開始から12ヶ月 移植
妊娠確認
不妊症 鍼灸 大阪 女性鍼灸師 なんば 藤井寺


40代 内膜 AMH低値 流産 不育症



41歳 鍼灸開始4ヶ月後に妊娠

(初診時の状況)
 ご結婚されてからの期間 2年5ヶ月
 避妊していなかった期間 2年5ヶ月
 
38歳の時に2度妊娠し、それぞれ5週、6週で流産

体外受精(採卵のみ)4回 ⇒ 凍結胚5個
AMH 0.69(1年前の値) 

同種免疫異常と診断され、リンパ球免疫療法を受けた。効果は半年間持続するとの説明を受けたが、その後医師から採卵を勧められ、7ヶ月以上過ぎている。
 
 内膜が採卵直前で4mmなど非常に薄いため、移植に備えて来院
 

鍼灸開始
 下肢全体に冷えが強い 浮腫がある
 鍼灸施術後の温まり方は初診にしてはよい
 
  ↓

 鍼灸開始1ヶ月
  下腿の冷えが改善されている
  大腿や臀部の冷えはまだある
  
自然周期にて、一度は9mm台まで内膜が厚くなったものの、
その後の診察で薄くなってしまい、移植中止
 
  ↓

 鍼灸開始2ヶ月 
  ピルを処方され、次周期の移植に備える

  下腿の浮腫が軽減している
  流れがよくなっているが、温めると汗をかく

   ↓

 鍼灸開始約3ヶ月
 ホルモン周期移植 内膜8mm台 桑実胚 アシストハッチングあり
⇒判定 陰性

仕事がとても忙しく、疲労がたまっている
   腰部痛あり 腰部に対しても鍼灸治療をおこなう
   
   ↓

 鍼灸開始約4ヶ月
   自然周期移植
    CD10 内膜4.7mm
    CD10 鍼灸施術
    CD18 内膜10mm 桑実胚移植
 ⇒判定 陽性

▲ ページトップ